プロポーズの後ってなにすればいいの?結婚・入籍までに話し合う3つのこと

未分類

 

プロポーズの後ってなにすればいいの?

両親へのあいさつ、顔合わせ、婚姻届け…

プロポーズの後に話し合いたい、婚約にかかわることをまとめていきます!

 

プロポーズの後、最初に話し合うことは3つ

入籍までに最低限決めたいことは3つ。

  1. 親あいさつ
  2. 両家顔合わせ
  3. 入籍日

です!それぞれ結婚の何か月前までにするのが理想なのか、準備は?決めることは?

気になることをこまかくまとめていきます。

 

結婚前の親への挨拶はいつがベスト?日時の決め方や順番もチェック!

プロポーズが決まった後は、お世話になった両親へのあいさつが一番最初。

目安はプロポーズの後~入籍・結婚式の10ヵ月前くらいだそうです。

親あいさつについてまず2人で話し合うことは

  1. あいさつに行く順番
  2. あいさつに行く日・場所
  3. あいさつに行く時間
  4. あいさつに行くときの服装
  5. 持参する手土産
  6. お互いの家族の情報交換

の6つ。

それぞれについて細かく書いていきます。

あいさつに行く順番

 

先にあいさつに行くのは彼氏の家?彼女の家?

一般的には女性側から先に行くことのほうが多いようです。

古い考えではあるかもしれませんが、「嫁にもらうから」という考えの名残がある様子。

それもあくまで原則ですので、

  • 男性側のご家族が結婚に難色を示しているとき
  • 婿養子に入ってもらうとき

は男性側のご家族に先にあいさつへ行ったほうが良いとされています。

 

あいさつに行く日・場所
あいさつに行く日はいつにする?六曜も考慮するべき?場所はどうしよう?
親の仕事の都合なども考慮し、あいさつは原則2~3ヵ月前に予定を考え始めるようにしましょう。
両親の希望の日や場所を優先するようにしてください。
また、訪問予定日の2~3週間前再を目安に再度することを忘れないようにしましょう。
2~3週間前であれば仕事の休みや予定が把握しやすい時期となりますので、訪問日を最終決定するのにちょうどいい頃合いになるかと思います。
当日、一緒に食事をするかどうかも事前に話し合っておくのが良いでしょう。
六曜に関しては、結婚式や結納程気に掛ける必要はありません。
もし日程の候補が複数出た場合の選択肢の一つとして考えるくらいで大丈夫です。
場所は基本的に実家に訪問することが多い様子。
事情があって実家以外であいさつする場合(家が散らかっているからと断られた、ご両親と一緒に食事をした後にあいさつすることになった)は個室のある、落ち着いた雰囲気の食事処を選ぶようにすると良いでしょう。
あいさつに行く時間
あいさつに行く時間としては、14時~15時が良いでしょう。
滞在時間は食事なしなら2時間程度、一緒に食事もするなら3~4時間程度が目安です。
14時~15時の訪問をおすすめする理由として、
  • 昼、夕の食事の時間を避けられる。
  • 食事なしの場合、食事夕食の準備が始まる前に帰ることができる。
  • 昼食、昼食後の片づけの後に一息つける時間なのでゆっくりお茶を楽しめる。
などがあります。
あいさつの後、夕食に誘っていただいた場合はお断りすることが多いようです。
もちろんご一緒させていただいてもよいのですが、それなりに気を遣う場であることを考慮して、男性側の家族の場合は男性が、女性側の家族の場合は女性が日を改める旨を伝えましょう。
先に準備して頂いている場合はお礼を伝えてご同伴に預かるようにしてください。
今後のためにもこの時にご両親との連絡先の交換するのがおすすめ。
帰宅後~翌日までにお礼の連絡を忘れずに。お礼の連絡は彼・彼女を通して行うのも気を遣わせなくて良いでしょう。
あいさつに行くときの服装
あいさつの時の服装の注意点として、男女ともに意識することは2つ。
清潔感と印象の良さです。
女性側の理想的な服装
  • ひざ丈のスカートorワンピース
  • ヒールは低め
が良いでしょう。
靴も中敷きまで清潔な靴を選ぶようにしてください。
お家にお邪魔するので裸足は原則NG。
また、
  • デニムやTシャツ、スニーカーなどラフすぎる服装
  • 婚約指輪の着用
も原則NGとなっていますので注意が必要です。
男性の理想の服装について
男性側はスーツがベター
髭は剃り、清潔感を意識するようにしましょう。
男性側も原則裸足はNGです。
夏は夏用スーツを着用するようにし、ネクタイとジャケットも着用すると良いでしょう。
普段スーツを使用しない職業の方の場合は、ジャケットとパンツを別々で選ぶ「ジャケパンスタイル」を選択することもある様子。
その場合でもくるぶしの出ない長さのスラックスを選び、あくまでキレイめ、かっちりめであることを大前提とするようにしましょう。
女性同様、ジーンズやTシャツ、スニーカー、サンダルは避けます。
靴をきれいに磨いておくのも忘れないようにしましょう。
持参する手土産
手土産は持参するべき?何を持っていこう?
手土産は基本的に持参したほうが良いでしょう。
金額は3000~5000円が目安
のしは付けないのが一般的です。
のしを付けない理由としては、「結婚のお伺いを立てる場なのに“祝い”とするのは気が早い気がするから」「仰々しい感じがして相手に気を遣わせるかもしれないから」などがある様子。
のしを付ける場合は外のしとして、無地ののしに「切り結び」が一般的。表書きは「御挨拶」とします。名前を記載する場合は下段に二人の姓を書きます。
自己紹介の際に紙袋から出して手渡しするのが良いでしょう。
おすすめ
  • 個包装された日持ちするお菓子(焼き菓子、羊羹、フルーツゼリーなど)
  • 地産のもの(お菓子、酒、調味料など)
がよいでしょう。
地産の手土産でしたらその後の話題にも使えます。
それ以外でも、きちんと感のあるものが大前提で、日持ちするものや後に残らないものを選ぶのが良いでしょう。
事前に好みをリサーチしておくのも大切です。
  • 甘いものは好きか
  • 苦手なものはないか
  • お酒はよく飲むか
  • 家族の人数
  • 甘いものと辛いものならどちらが好きか

 

などを事前に調べておくとより喜ばれるものが選べそうです。
お互いの家族の情報交換
何回か顔を合わせたことがあったとしても緊張してしまう場面。特に初対面ならなおさら緊張してしまいますよね。事前にお互いの家族の情報交換を行っておくことをおすすめします。
確認することとして
  • 当日参加するのは誰か(両親だけ、兄弟、祖父母、親戚)
  • 家族構成
  • 性格など人柄や特徴
  • 仕事
  • 趣味
  • 触れてはいけない話題、避けたがる話題

 

以上の6つは聞いておいたほうが良いでしょう。
仕事や趣味は事前に話題のネタを考えるうえでも役立ちます。
宗教や政治の話、家庭内のデリケートな話などは避けるのがベター。
相手の小さい頃の話は盛り上がる話題の一つになるでしょう。
また、家族も息子・娘の結婚相手となる人がどんな人なのか知りたいと思うもの。
自分の出身、好きなもの、仕事、いいところなどを事前に伝えてもらうようにするとより会話が弾むかもしれません。
両家顔合わせはいつが良い?場所選びから好印象な服装まとめ!準備するものもチェック!
最近は省略する家族も多いようですが、特別な理由がない限りは両家の顔合わせは行うのが一般的。
結婚は両家の結び付きであること、また、今後結婚式や出産などの大きなイベントがあったときに両家の親が初対面とならないためにも両家の顔合わせは行っておいたほうが良いでしょう。
  • 日時や場所
  • 当日の服装
  • 手土産の有無
は事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

顔合わせの日時・場所・金額

日程は1~2ヵ月前に両家が集まれそうな日を提案しつつ調整するようにします。
場所は落ち着いた雰囲気の料亭やレストラン、ホテルがおすすめ。
個室や隣の席との仕切りがあるお店だとより適しています。
両家が遠方の場合は男性側の家族が女性側の方へ行くか(婿養子の場合は逆)、中間となるところで
行うことが多いようです。
金額は総額5~10万が一般的ですが、人数でも変動しやすいのであくまで目安。
顔合わせは両親以外にも、兄弟や祖父母、その他の親戚も参加可能です。
ただし、参加する人数は両家でできるだけ合わせておいたほうが良いでしょう。
顔合わせの前に結納の有無を双方の親に相談するのも大切。最近では結納は行わず、食事会のみとするところも多いようです。
  • 両家の食の好み
  • アレルギーの有無
  • 参加する人数
  • 椅子かお座敷、どちらがいいのか
なども確認しておくとよいでしょう。
また、祖父母も参加する場合、お座敷よりも椅子のあるテーブル席のほうが良いのか、柔らかい食事のほうが良いのかなども確認すると良いでしょう。

当日の服装

最近はカジュアルな服装でもOKなお店を選択することも多い様子。
新郎母は気合を入れて和服、新婦母はカジュアルなワンピース…とギャップが生まれてしまうと双方気まずいので、服装は話し合って事前に合わせておくようにしましょう。
親あいさつと同様、Tシャツやジーンズ、サンダルや裸足は避けた方が良いでしょう。

手土産

手土産の有無は両家で事前に合わせるようにしましょう。
親あいさつと同様、日持ちのするものがおすすめ。
話題のきっかけにもなる地元銘菓が多いようです。
相場は5000円前後で合わせるのが一般的です。
入籍日はいつがいい?おすすめの決め方や避けたい日にちをチェック!
いよいよ入籍!でも日にちっていつでもいいの?

婚姻届けの提出日

婚姻届けは提出したい日の1ヵ月前には準備を始めるようにしましょう。
提出時に持っていくものは4つ。
  1. 婚姻届け
  2. 戸籍謄本
  3. 旧姓の印鑑
  4. 本人確認書類
2~4は夫婦ふたりのものが必要ですのでそれぞれ持っていくようにしてください。
提出は24時間365日、土日祝日も夜間も提出可能です。
結婚式と違う日でも可能。
提出は日本全国どこの役所でもOK。
ただし、記入にミスがあった場合は郵送してもらう必要があったり、それに伴って提出日が変わってしまったりすることがあるため注意が必要です。
婚姻届けの提出日は今後の結婚記念日になる大切な日。
出会った日や誕生日、覚えやすい日など、これからお祝いすることも考えてじっくり決めましょう。

結婚記念日の決め方おすすめ

 

一般的には六曜で決める方が多いのではないでしょうか。

 

六曜で決める際は、大安、友引、先勝、先負が入籍に適していると言われています。

 

ただし、六曜はあくまで時間ごとの運気をみるものなのでこだわりすぎなくても大丈夫なようです。

 

  • 大安…『大いに安し』という意味で終日吉とされています。入籍、結婚式に選ぶ人も多いようです。
  • 友引…『友を引く』という解釈もあり、大安の次に慶事に向いているとされています。
  • 先勝…午前中は吉、午後は凶とされており、この日に入籍するなら午前がおすすめ。
  • 先負…午前中は凶、午後は吉とされており、この日に入籍するなら午後がおすすめ。

 

また、大安よりも縁起が良いとされる「天赦日」や「一粒万倍日」もおすすすめです。

 

  • 天赦日…『天が赦す』とされ、日本の暦の上で最も吉日とされている年に数回しかない日。
  • 一粒万倍日…『一粒の籾が万倍に実る』とされ、スタートに良い日とされています。また、一粒万倍日は六曜と違う考え方ですので大安や天赦日と重なることもあり、重なった日は特に縁起の良い日とされています。

 

また、覚えやすいゾロ目の日や二人の記念日、どちらかの誕生日、バレンタインデーやクリスマスなども人気。また、調べてみると366日いろんなイベント日がありますので、二人の共通の趣味、職業などで選んでみるのも楽しいかもしれません。

 

  • 共通の好きなもので…1/19(カラオケの日)、2/22(猫の日)、10/1(コーヒーの日)、12/1(映画の日)
  • 縁起を担いで…2/2(夫婦の日)、4/22(よい夫婦の日)、11/22(いい夫婦の日)、11/23(いい夫妻の日)、4/11(ガッツポーズの日)
  • 職業で…5/12(看護の日)、6/1(写真の日)、10/14(鉄道の日)、10/8(骨と関節の日)

 

他にもいろんな日があるので思い出に残る日を選んでじっくり考えてみてください!

 

結婚が決まってから話し合う小さなこと
上記で話し合ったこと以外にも…
  1. 新生活はいつスタートする?
  2. 新婚旅行はいつする?
  3. 家計管理はどんな形にする?
  4. ライフプランニングはどう考えてる?
なども早めに話し合いたいところ。
これからの新生活のために無理のないペースで楽しみながら考えていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました